マイホームを有効活用|収益物件で将来が絶対的に安定する|未来を手招く

収益物件で将来が絶対的に安定する|未来を手招く

男女

マイホームを有効活用

男性

転勤時に便利

リロケーションとは、比較的長期間の海外出張や転勤などの理由で自宅を留守にする場合に、一定期間賃貸に出すことを言います。マイホームを購入したにも関わらず、予想外の転勤が起きてしまった場合には、金銭的にも損した気持ちになることでしょう。しかし、リロケーションを活用すれば、マイホームを売却することなく家賃収入が入るため、金銭負担を減らすことも可能となります。リロケーションが人気を集めている理由は、金銭的な負担が減らせることに加えて、入居者に管理を任せることが出来る点も挙げられます。一般的に、賃借人は家をきれいに使う意識が高いと言えますし、また、人が住まない家は傷みが早いとも言われます。入居者が入り、マイホームを大切に使ってもらえれば、管理が不要ですし、不審者の侵入を防ぐ意味でも大きなメリットとなります。

早めに相談すること

リロケーションを活用した場合には、定期借家契約と呼ばれる契約を交わすこととなり、これには期間の定めはありません。つまりは、オーナーと入居者の間で合意した契約期間であれば、どんなに短い期間でも問題はないということです。しかしながら、入居者の引越しなどの事情を考えると、半年以上の期間がなければリロケーションを活用することは基本的には厳しいと理解しておきましょう。なお、リロケーションを活用するためには専門会社に依頼することとなりますが、入居者募集にはある程度の期間が必要となります。したがって、出張や転勤でマイホームを出る数ヶ月前に、リロケーション会社に相談しておくことが望ましいと言えるでしょう。リロケーションでより高い収益を上げるためには、オーナーがマイホームを出るタイミングと、入居者が入るタイミングをできるだけ合わせた方が良いからです。